複合商業施設

複数の店舗を誘致した複合商業施設。

複合商業施設とは、複数の店舗を広い敷地の中に誘致し、多くの集客をすることを目的とした施設の事です。企業の遊休地や、利用していない工場跡など、広大な土地を活用する方法として複合商業施設のご提案があります。

  • メリットその1

    複数の店舗が出店することで集客の相乗効果を発揮し、
    安定した土地活用となる。

    買い物もでき、食事もできるなど相乗効果と便利の良さが複合施設の魅力であり、多くの集客が見込まれる為、全体の事業の安定性が生まれ土地オーナー様も安心して賃貸する事ができます。

  • メリットその2

    広大な遊休地を活用できる。

    特に法人などにおいては、広大な遊休地を所有している場合、その土地をどのように活用すべきか大きな課題になっている法人もあるのではないでしょうか。出店企業の誘致は本業ではない為に、解決策が見いだせないことが多くあります。しかし、私たちはそのような遊休地を複合商業施設にし、新たな収益源としてご提案する事ができます。

約7,000m2の工場跡地を複数の店舗を誘致し複合商業施設として土地活用

活用前
法人が自社工場として運営していたが、事業拡張に伴い工場を移転させた為、跡地利用に悩んでいた土地。
活用後
物販店を2店舗、飲食店を1店舗の複合商業施設として提案し、各々と事業用借地契約を締結。駐車場を十分備えた商業施設として多くの利用客を集める地域のスポットとして活用する事ができました。

土地活用についてご不明な事などお気軽にご相談ください。

カドス・コーポレーションは大手企業様の商業施設の誘致に数多くの実績があります。

  • 事例紹介
  • 選ばれる理由